まだ間に合う 家賃支援給付金

query_builder 2021/01/20
ブログ
家賃支援給付金

家賃支援給付金の申請期限が、2021年2月15日(月)24時まで延長されています。

(当初は2021年1月15日(金)24時まで、でした)

他人の土地や建物を事業のために賃貸している個人事業主、中小企業、NPO法人のみなさまで、次の基本条件が満たされていれば、給付の対象になります。

・2020年5月~2020年12月の売上が前年同月と比べて50%以上減少または前年同期間(連続3カ月)の合計と比較して30%以上減少している

・2020年3月31日時点で有効な賃貸借契約があること

・申請日時点で有効な賃貸借契約があること

・申請日より直前3カ月の賃料の支払い実績があること


住居兼事務所の場合は、事務所賃料として税務申告している金額が算定基準になります。
また、事業用に借りている駐車場の地代も対象になります。

申請手続きは電子申請ですが、行政書士は代わって申請手続きが可能です。 対象になるかどうかのお問い合わせも承ります。申請には基本書類に加えて追加資料が必要な場合があるので、お早めにご準備ください 。

2021年度以降、同じような給付金があるかどうか分かりません。
もらえるものはもらっておきましょう。

NEW

  • jGrants(Jグランツ)でも補助金の代理申請可能です

    query_builder 2021/04/09
  • 一時支援金 申請代行までうけたまわります

    query_builder 2021/04/03
  • 【お知らせ】一時支援金の「登録確認機関」に登録されました

    query_builder 2021/03/27
  • 春は補助金助成金の公募の季節

    query_builder 2021/03/22
  • 孤独・孤立対策にNPOへの期待と役割が大きくなっている

    query_builder 2021/03/17

CATEGORY

ARCHIVE